長崎大学医学部連携大学院

長崎大学医学部連携大学院

長崎大学医学部連携大学院の概要

 当院の臨床研究センターは、大学院の肝臓病学講座としての機能を満足する設置条件、すなわち、研究と大学院教育を行える施設と体制が整っていることが認められ、平成16年度より長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科 新興感染症病態制御学専攻の肝臓病学講座として、連携大学院になりました。

 研究テーマは肝疾患が主体となりますが、指導教員の了解が得られれば他分野の研究も可。
院生は当院の教授を主任教授として、当院で講義を受け研究をまとめることができます。
4年で卒業ですが、論文ができれば3年でも可能です。 
 ※必須単位取得のために何度か長崎大学に講義を受けに行く必要が有ります。

 院長、臨床研究センター長、臨床研究センター各部長ら計8名が教授・准教授に委嘱され、大学院生への講義等教育指導と博士論文の完成のための研究指導を行います。


肝臓病学講座教授准教授
 臓器統合制御学  
 医療政策学  
 ウイルス肝炎治療学
八橋 弘
 
 先端医療学
中村 稔
小森 敦正
 分子免疫学
 
 
 機能形態学
藤岡ひかる
 
 臨床病理学

伊東 正博

 

医療関係者の方

PET/CT検査のご案内
採用情報
病院ボランティア募集
地域医療連携室
長崎医療センター 講演会・講座(H29.3.13更新)
治験管理室
臨床研究センター
教育センター
倫理審査委員会
長崎大学医学部連携大学院
施設認定・専門医
入札・調達情報
国病久原会

受付・診療時間

電話番号

0957-52-3121

19時~8時30分の間はこちら

0957-52-3124

急患は24時間受付

受付時間

8時30分~11時30分

休診日

土・日曜日・祝日・年末年始

交通アクセス