総合診療科

総合診療科

国立病院機構長崎医療センター総合診療専門研修プログラム募集のお知らせ

国立病院機構長崎医療センターでは1971年に医師の臨床研修病院に指定されて以来、長年にわたりプライマリ・ケアに重点をおいた医師の研修システムを構築してまいりました。今回、2018年に開始される新専門医制度に合わせ「外来、在宅、病棟、救急と様々な場において、年齢を問わず、多様で幅広いニーズを抱える個々の患者に対して包括的、継続的な診療を多職種と協働して実践すること、および、特定の健康危険因子を共有する集団に対して適切に介入すること」を総合診療専門医の使命と定義し、この使命を果たせる専門医を育成するべく当プログラムの立ち上げを行いました。

 当プログラムでは実臨床での経験(on the job training)と継続的な経験省察研修録(ポートフォリオ)作成を核として1.包括的統合アプローチ 2.一般的な健康問題に対する診療能力 3.患者中心の医療・ケア 4.連携重視のマネジメント 5.地域包括ケアを含む地域志向アプローチ 6.公益に資する職業規範 7.多様な診療の場に対応する能力といった日本専門医機構が提示する7つの資質・能力を専攻医が十分に習得できるよう支援します。また、プログラム終了後も自己省察を行いながら自律的に学び、患者・社会から信頼を得ることができる総合診療専門医を、責任を持って育てます。

国立病院機構長崎医療センターを基幹施設、上戸町病院、平戸市民病院、対馬病院、上五島病院、壱岐病院、島原病院を連携施設として長崎県全体で研修施設群を形成しそれぞれの研修施設の特徴を活かしながら、予防医療、救急、一般的な症候・疾患、慢性疾患、回復期、緩和ケア等、小児から成人、高齢者まで様々な健康問題について幅広く経験し、継続的なサポートを受けながら学習できる場を当プログラムは提供します。プライマリ・ケア連合学会認定の家庭医療専門医の他、当院の長年にわたる研修システムの歴史で育まれたプライマリ・ケアへの理解を有する内科、小児科、救急科等の幅広い診療科の指導医、様々な医療専門職からフィードバックを受けながら成長していくことができます。

現在、そして将来の日本において質の良い医療を提供していくためには、プライマリ・ケアの提供体制をしっかりと構築することが不可欠であると我々は考えます。小児から成人、高齢者まで年齢を問わず、殆どの日常的な健康問題に対応できる総合診療専門医は、その中で重要な役割を果たすことは間違いありません。将来、地域の第一線でプライマリ・ケア、地域医療に従事したいと考えている皆さま、医学部に入学したときにイメージしたような街のお医者さんになりたいと思う皆さま、その他、キャリアとして総合診療専門医に関心を持っている全ての皆さま、ぜひご応募ください。プロフェッショナルとして一緒に成長できることをスタッフ一同、楽しみにしています。

国立病院機構長崎医療センター総合診療専門研修プログラム




<募集要項>

1. 応募資格 2018年4月1日時点で卒後3年目以上となる医師 

2. 募集人数 若干名

3. 研修期間 2018年4月より3年間(予定)

4. 応募方法

下記内容を記載の上、担当宛てにメールにてご連絡下さい。
氏名:

性別:

履歴書:   

携帯電話番号 :

PCメールアドレス :

来院希望日 :

長崎医療センター 総合診療科 総合診療専門医プログラム担当 森 英毅

メールアドレス:hm0612@gmail.com

〒856-8562 長崎県大村市久原2丁目1001−1

電話:0957-52-3121(代表)


医学生・研修医の方

平成30年度採用 初期臨床研修医募集要項
初期臨床研修 概容・見学会のご案内
初期臨床研修 研修環境
後期研修プログラム
新専門医プログラム
初期研修医・後期研修医ブログ
FACEBOOK
教育センター