外科研修プログラム

外科研修プログラム

外科 (3ヶ月)

①GIO (一般目標) 長崎医療センターにおける臨床研修の理念


②SBOs (行動目標)
◎Basic
1.医療面接等
1)症例呈示と討論ができる。
2)予定された手術の適応と内容について理解し、説明できる。
3)上級及び同僚医師や他の医療従事者と適切なコミュニケーションがとれる。
4)カンファレンスで症例提示ができる。
5)回診で症例提示ができる。

2.医療記録
1)診療録をPOS (Problem Oriented System) に従って記載し管理できる。
2)処方箋、指示箋を作成できる。
3)紹介状と、紹介状への返信を作成できる。
4)退院時サマリーを作成できる。

3.基本的治療法
1)薬物の作用、副作用、相互作用について理解し、薬物治療(抗菌薬、副腎皮質ステロイド薬、解熱薬、麻薬、血液製剤、抗癌剤を含む)ができる。
2)周術期の輸液管理ができる。
3)輸血(成分輸血を含む)による効果と副作用について理解し、適切に実施できる。
4)手術に参加し、メンバーとして協力できる。

4.基本的手技
1)注射法(皮内、皮下、筋肉、点滴、静脈確保)を実施できる。
2)採血法(静脈血、動脈血)を実施できる。
3)ドレーン・チューブ類の管理ができる。
4)胃管の挿入と管理ができる。
5)局所麻酔法を実施できる。
6)創部消毒とガーゼ交換を実施できる。
7)皮膚切開や簡単な排膿を実施できる。
8)皮膚縫合法を実施できる。
9)軽度の外傷・熱傷の処置を実施できる。

5.基本的な身体診察法
1)全身の観察(バイタルサインと精神状態の把握、皮膚や表在リンパ節の診察を含む)ができ、記載できる。
2)頭頸部の診察(眼瞼・結膜、眼底、外耳道、鼻腔、口腔、咽頭の観察、甲状腺の触診を含む)ができ、記載できる。
3)胸部の診察(乳房の診察を含む)ができ、記載できる。
4)腹部の診察(直腸診を含む)ができ、記載できる。

6.緩和・終末期医療の場において
1)臨終の立ちあい、適切に対応できる。
2)死亡診断書の作成を理解できる。

◎Advanced
1.診療態度
1)緩和ケアについて理解し、チームとして介入できる。
2)術後合併症を認識し、チームとして治療に介入できる。
3)診療チームとして上級医に報告・連絡・相談ができる。

2.技能
1)指導のもとで開腹、閉腹ができる。
2)鏡視下手術でスコーピストができる。
3)指導のもとでCVカテーテル、胸腔ドレーンが挿入できる。

3.知識
1)手術適応について理解し、説明できる。
2)術式について理解し、説明できる。
3)症例の病理結果、臨床病期について理解し、説明できる。


③LS (方略1) On-the-job training

病棟業務
 主治医を含む指導医・上級医の指導のもとに、一般外科に必要な基礎知識と技術を習得する。
 診察:病棟チームに配属され、常時10 名程度の患者を指導医・上級医とともに受け持つ。入院患者の問診および身体所見の把握、予定されている手術の適応や内容を理解する。
 検査:受持患者の一般撮影、エコー、CT、MRI、消化管造影、内視鏡などの各種画像検査に出来る限り付き添い、手技および読影法を学ぶ。
 手技:病棟で血管確保、経鼻胃管挿入留置などの手技を実践し習得する。体腔ドレナージには助手として参加する。創部観察、創傷処置、ドレーン管理など、毎日の回診の中で実践し習得する。
 周術期管理:担当患者の術前・術後の全身管理について習熟する。
 回診:1 日2 回チームで担当患者の回診を行い、病態を把握し適切な指示や処置を実施する。毎週火曜日の術前カンファレンス、第1、3水曜日の部長回診では受持医(原則として初期研修医)のプレゼンテーションに基づき検討がなされ、治療方針が決定される。

外来業務
 初期研修医は基本的に外来業務に関与しない。ただし、緊急入院や緊急手術となる患者の外来マネジメントを主治医を含む指導医・上級医とともに行い、必要な緊急処置を実施する。
手術
 月曜日から金曜日まで毎日定期手術があり、それ以外に緊急手術が行われる。
 可能な限り多数の手術に助手として参加し、清潔操作・止血法などの外科的基本手技を習得する。また、皮膚縫合などの小手術手技についても習得する。

救急業務
 時間外の受持患者の急変時などにも、原則とし初期研修医が最初に対応する。その後、上
級医と相談し、治療方針を検討する。
 救命救急センターからのファーストコールにはすべてレジデントあるいはスタッフが対応する。入院や手術が決定した際には、必要なマネジメントについて初期研修医も上級医とともに参加実践する。

LS (方略2) 勉強会・カンファレンス
術前カンファレンス
毎週火曜日午前8時から、次週に行われる予定手術について、外科医師と放射線科医師が合同で症例検討を行う。また17時からは消化管症例に関して消化器内科、看護スタッフと合同カンファレンスを行う。初期研修医は担当患者のプレゼンテーションを行い、問題点を指摘する。
術後カンファレンス
毎週木曜日午前8時から、前週に行われた手術について術式、切除組織所見、問題点を検討する。
LS(方略3) 学会発表・臨床研究
研修期間終了前、予め指導医と症例・テーマを相談の上、学会発表形式のプレゼンテーションを全員が行う。準備に際しては症例の診断、治療に関する知見、問題点に関して文献を渉猟し指導医とディスカッションを行う。
学会発表は積極的に行う。指導医のもと症例発表あるいは臨床研究を発表する。その内容をもとに論文執筆を行う。


④EV (評価) 研修開始1カ月目に中間評価、終了時に最終評価をおこなう。

A:十分できる、B:できる、C:不十分、NA:判定不能
◎Basic
1)医療面接等

1

症例呈示と討論ができる

A

B

C

NA

2

予定された手術の適応と内容について理解し、説明できる

A

B

C

NA

3

上級及び同僚医師や他の医療従事者と適切なコミュニケーションがとれる

A

B

C

NA

4

カンファレンスで症例提示ができる

A

B

C

NA

5

回診で症例提示ができる

A

B

C

NA

2)医療記録

1

診療録をPOS (Problem Oriented System) に従って記載し管理できる

A

B

C

NA

2

処方箋、指示箋を作成できる

A

B

C

NA

3

紹介状と、紹介状への返信を作成できる

A

B

C

NA

4

退院時サマリーを作成できる

A

B

C

NA

3)基本的治療法

1

薬物の作用、副作用、相互作用について理解し、薬物治療(抗菌薬、副腎皮質ステロイド薬、解熱薬、麻薬、血液製剤、抗癌剤を含む)ができる

A

B

C

NA

2

周術期の輸液管理ができる

A

B

C

NA

3

輸血(成分輸血を含む)による効果と副作用について理解し、適切に実施できる

A

B

C

NA

4

手術に参加し、メンバーとして協力できる

A

B

C

NA

4)基本的手技

1

注射法(皮内、皮下、筋肉、点滴、静脈確保)を実施できる

A

B

C

NA

2

採血法(静脈血、動脈血)を実施できる

A

B

C

NA

3

ドレーン・チューブ類の管理ができる

A

B

C

NA

4

胃管の挿入と管理ができる

A

B

C

NA

5

局所麻酔法を実施できる

A

B

C

NA

6

創部消毒とガーゼ交換を実施できる

A

B

C

NA

7

皮膚切開や簡単な排膿を実施できる

A

B

C

NA

8

皮膚縫合法を実施できる

A

B

C

NA

9

軽度の外傷・熱傷の処置を実施できる

A

B

C

NA

5)基本的な身体診察法

1

全身の観察(バイタルサインと精神状態の把握、皮膚や表在リンパ節の診察を含む)ができ、記載できる

A

B

C

NA

2

頭頸部の診察(眼瞼・結膜、眼底、外耳道、鼻腔、口腔、咽頭の観察、甲状腺の触診を含む)ができ、記載できる

A

B

C

NA

3

胸部の診察(乳房の診察を含む)ができ、記載できる

A

B

C

NA

4

腹部の診察(直腸診を含む)ができ、記載できる

A

B

C

NA

6)緩和・終末期医療の場において

1

1)臨終の立ちあい、適切に対応できる

A

B

C

NA

2

2)死亡診断書の作成を理解できる

A

B

C

NA

◎Advanced
1)診療態度

1

緩和ケアについて理解し、チームとして介入できる

A

B

C

NA

2

術後合併症を認識し、チームとして治療に介入できる

A

B

C

NA

3

診療チームとして上級医に報告・連絡・相談ができる

A

B

C

NA

2)技能

1

指導のもとで開腹、閉腹ができる

A

B

C

NA

2

鏡視下手術でスコーピストができる

A

B

C

NA

3

指導のもとでCVカテーテル、胸腔ドレーンが挿入できる

A

B

C

NA

3)知識

1

手術適応について理解し、説明できる

A

B

C

NA

2

術式について理解し、説明できる

A

B

C

NA

3

症例の病理結果、臨床病期について理解し、説明できる

A

B

C

NA


⑤週間予定

 

土日

グループ回診

術前カンファレンス

グループ回診

部長回診(隔週)

術後カンファレンス

グループ回診

グループ回診

 

午前中

手術

手術

手術

手術

手術

グループ回診

午後

手術

手術

手術

手術

手術

 

夕方

グループ回診

消化管合同カンファレンス

グループ回診

グループ回診

グループ回診

 


医学生・研修医の方

平成31年度採用 初期臨床研修医募集要項
初期臨床研修 概容・見学会のご案内
初期臨床研修 研修環境
後期研修プログラム
新専門医プログラム
初期研修医・後期研修医ブログ
FACEBOOK
教育センター