循環器内科プログラム

循環器内科プログラム

循環器内科

①GIO (一般目標) 長崎医療センターにおける臨床研修の理念


②SBOs (行動目標)
1.医療面接等
1)患者の病歴(主訴、現病歴、既往歴、家族歴、生活・職業歴、系統的レビュー)の聴取と記録ができる。
2)症例呈示と討論ができる。
3)他科との連携やチーム医療がとれる。
4)守秘義務を果たし、プライバシーへの配慮ができる。

2.基本的身体診察
1)全身の観察(特にバイタルサイン)ができ、記載できる。
2)頭頸部の診察(頸静脈、頸動脈など)ができ、記載できる。
3)胸部の診察(特に心雑音の鑑別)ができ、記載できる。
4)腹部、下肢の診察(特に心不全の有無)ができ、記載できる。

3.医療記録
1)診療録(退院時サマリーを含む)をPOS (Problem Oriented System) に従って記載し管理できる。
2)処方箋、指示箋を作成し、管理できる。
3)紹介状と、紹介状への返信を作成でき、それを管理できる。

4. 基本的手技
1)注射法(皮内、皮下、筋肉、点滴、静脈確保)を実施できる。
2)採血法(静脈血、動脈血)を実施できる。
3)動脈ライン、静脈ラインを確保できる。
4) 心電図の記録ができる。
5) 基本的な心エコー検査が施行できる。
6) スワン・ガンツカテーテルを実施できる。
7) 心臓マッサージ、電気的除細動を実施できる。

5.基本的治療法
1)薬物の作用、副作用、相互作用について理解し、薬物治療(降圧剤、抗不整脈剤、抗狭心症薬、心不全治療薬など)ができる。
2)ワーファリンを含め抗凝固薬の導入と維持、さらにその合併症予防ができる。
3)心臓の解剖(冠動脈を含む)を理解できる。
4)基本的疾患の心電図を理解できる。
5)ペースメーカーの機能を疾患別に理解できる。
6.循環器内科研修での到達目標
1) 急性心筋梗塞の診断ができる。
2) 狭心症の重症度を鑑別できる。
3) 心不全(急性、慢性)の病態の理解と基本的な治療ができる。
4) 不整脈(特に徐脈と頻脈)の診断ができる。
5) 不整脈の重症度を理解し、緊急時の基本的な対応ができる。
6) 聴診やレントゲン、心エコーを用いて弁膜症の鑑別ができる。
7)高血圧(本態性、二次性)の管理と治療を理解できる。
8) 生活習慣病(糖尿病、脂質異常症など)の治療と患者指導ができる。
7. 緩和・終末期医療の場において
1) 患者さんの痛み、つらさを理解しそれに応じた適切な助言ができる。
2) 臨終の立ちあい、家族とのコミュニケーションなど適切に対応できる。
3) 死亡診断書の作成を理解できる。


③LS (方略1) On-the-job training
病棟業務
1.入院患者の担当医として、主治医を含む指導医とともに診療にあたる。
2. 診察:おもに6階A病棟と救命センターに入院した3~4名程度の患者を指導医とともに受け持つ。受持ち患者の問診および診察、予定されている検査、治療の適応や内容を理解する。
3. 検査・治療:受持ち患者の検査(心電図、心エコー、心カテなど各種画像検査)及び治療(PCI、アブレーション、ペースメーカーなど)にできる限り立ち合いその内容を学ぶ。
4. 手技:採血、血管確保、心エコーなどの手技を習得する。
血管造影に関しては上級医の指導のもとおこなう。
受持ち患者の心エコー検査を積極的におこない習得する。
5. カンファランス:指導医と共に1日1回(夕)のカンファランスや読影に参加し検査手順や治療方針を決める。毎週水曜日の午後5時からの心臓血管外科との合同カンファランスにも参加しチーム医療を学ぶ。


外来業務
初期研修医は基本的には外来業務に関与しない。


救急業務
1. 時間外の受持ち患者の急変にも、指導医とともに対応する。
2. 緊急入院が決定した際には、必要なマネジメントについて研修医も指導医とともに参加実践する。
3. 時間外の急性心筋梗塞や心不全などの救急症例の緊急治療に関しては可能な限り参加し、その医療行為を習得する。


LS (方略2) 勉強会・カンファレンス
毎日17:00 心カテカンファレンスと読影に参加し、検査・治療方針を決める。毎週水曜日 17:00 心臓血管外科との合同モーニングカンファレンスに参加して受持ち患者についてプレゼンテーションをおこなう。


LS(方略3) 学会発表・臨床研究
学会活動:指導医のもと症例を発表する。
論文執筆:可能な限り学会報告を中心に症例報告を執筆する。


④EV (評価) 研修終了時に最終評価をおこなう。
A:十分できる、B:できる、C:不十分、NA:判定不能

医療面接等

   

 

1

患者の病歴(主訴、現病歴、既往歴、家族歴、生活・職業歴、系統的レビュー)の聴取と記録ができる

A

B

C

NA

2

症例呈示と討論ができる

A

B

C

NA

3

チーム医療がとれる

A

B

C

NA

4

守秘義務を果たし、プライバシーへの配慮ができる

A

B

C

NA

基本的身体診察

   

 

1

全身の観察(特にバイタルサイン)ができ、記載できる

A

B

C

NA

2

頭頸部の診察(頸静脈、頸動脈など)ができ、記載できる

A

B

C

NA

3

胸部の診察(特に心雑音の鑑別)ができ、記載できる

A

B

C

NA

4

腹部、下肢の診察(特に心不全の有無)ができ、記載できる

A

B

C

NA

医療記録

   

 

1

診療録(退院時サマリーを含む)をPOS (Problem Oriented System) に従って記載し管理できる

A

B

C

NA

2

処方箋、指示箋を作成し、管理できる

A

B

C

NA

3

紹介状と、紹介状への返信を作成でき、それを管理できる

A

B

C

NA

基本的手技

   

 

1

注射法(皮内、皮下、筋肉、点滴、静脈確保)を実施できる

A

B

C

NA

2

採血法(静脈血、動脈血)を実施できる

A

B

C

NA

3

動脈ライン、静脈ラインを確保できる

A

B

C

NA

4

基本的な心エコー検査が施行できる

A

B

C

NA

5

スワン・ガンツカテーテルを実施できる

A

B

C

NA

基本的治療法

   

 

1

薬物の作用、副作用、相互作用について理解し、薬物治療(降圧剤、抗不整脈剤、抗狭心症薬、心不全治療薬など)ができる

A

B

C

NA

2

ワーファリン導入と維持、さらにその合併症予防ができる

A

B

C

NA

3

心臓の解剖(冠動脈を含む)を理解できる

A

B

C

NA

4

基本的疾患の心電図を理解できる

A

B

C

NA

5

ペースメーカーの機能を疾患別に理解できる

A

B

C

NA

循環器内科研修での到達目標

   

 

1

急性心筋梗塞を診断をできる

A

B

C

NA

2

狭心症の重症度を鑑別できる

A

B

C

NA

3

心不全(急性、慢性)の病態の理解と基本的な治療ができる

A

B

C

NA

4

不整脈(特に徐脈と頻脈)の診断ができる

A

B

C

NA

5

不整脈の重症度を理解し、緊急時の基本的な対応ができる

A

B

C

NA

6

弁膜症の鑑別ができる

A

B

C

NA

7

高血圧(本態性、二次性)の管理と治療を理解できる

A

B

C

NA

8

生活習慣病(糖尿病、脂質異常症など)の治療と患者指導ができる

A

B

C

NA

緩和・終末期医療の場において

   

 

1

臨終の立ちあい、家族とのコミュニケーションなど適切に対応できる

経験(有・無)

見学(有・無)

2

死亡診断書の作成を理解できる

経験(有・無)

見学(有・無)


⑤ 週間予定

 

土日

(輪読会)

 

 

 

 

 

午前中

病棟

心カテ

心カテ

心カテ

心カテ

(アブレーション)

午後

病棟

病棟

病棟

(ペースメーカー植込み)

(アブレーション)

 

夕方

カテカンファ

 

カテカンファ

読影

カテカンファ

読影

(勉強会)

カテカンファ

読影

カテカンファ

読影

 


医学生・研修医の方

平成31年度採用 初期臨床研修医募集要項
初期臨床研修 概容・見学会のご案内
初期臨床研修 研修環境
後期研修プログラム
新専門医プログラム
初期研修医・後期研修医ブログ
FACEBOOK
教育センター