腎臓内科プログラム

腎臓内科プログラム

腎臓内科

①GIO (一般目標) 長崎医療センターにおける臨床研修の理念


②SBOs (行動目標)
1.診療・医療面接
1)病歴や診察所見から、腎疾患の鑑別診断を挙げる
2)問題リストを適切に作成し、検査計画や治療計画を立てる
3)患者のプライバシーに十分配慮する
4)患者や家族に診療内容や今後の方針を説明し、理解を得る

2.カルテ記載
1)診療録(退院サマリーを含む)をPOS(Problem Oriented System)に従って記載する
2)紹介状や返信等の文書作成を適切に行う

3.検査
1)腎エコー検査
2)エコーガイド下腎生検(固有腎もしくは移植腎)

4.診断・治療
1)尿検査の結果や腎機能の程度、両腎の形態から、腎疾患の鑑別診断と重症度を把握する
2)腎生検標本の所見から組織診断を行い、適切な治療法を検討する
3)"薬剤(副腎皮質ステロイド、免疫抑制剤、降圧薬、抗菌薬等)の効果や副作用を理解し、腎機能を考慮した薬物療法を実施する"
4)腎機能に配慮した輸液治療や輸血を実施できる
5)慢性腎臓病の概念や生活習慣病との関連を理解し、患者や地域住民へ啓発する
6)臨床所見から、慢性腎不全の原疾患を推測する
7)保存期慢性腎不全の病態を理解し、適切な診療方針を立案できる
8)透析導入が必要か否か判断する
9)透析患者の合併症(導入初期、長期)を理解し、治療する
10)腎移植の診療を経験する

5.手技
1)シャント血管穿刺
2)血液透析用カテーテルまたは中心静脈カテーテルの挿入・留置
3)血液透析回路の組み立てとプライミング
4)シャント血管手術または腹膜透析カテーテル関連手術
5)腎移植手術
6)その他の泌尿器科手術(腎臓摘出、DJカテーテル挿入、腎瘻造設の何れか)


6.医療従事者としての自覚・規範
1)医師や看護師、他の医療従事者と適切なコミュニケーションがとれる
2)医療事故防止に留意しマニュアルに従って行動する
3)手洗い等感染対策に十分配慮する
4)上級医や指導医に適切なタイミングで相談できる

7.学習・プレゼンテーション
1)教科書や文献を検索し、診療に役立てる
2)(カンファランス等で)症例呈示と討論ができる


③LS (方略1) On-the-job training

病棟業務

1. 腎臓内科入院患者の担当医として、主治医を含む指導医・上級医とともに診療にあたる。
2. 診察:おもに5階(腎臓内科も含む病棟)に入院した10名程度の患者を指導医・上級医とともに受け持つ。受持ち患者の問診および診察、予定されている検査、治療の適応や内容を理解する。
3. 検査:受持ち患者の検査(一般撮影、エコー、CT、MRIなど各種画像検査)、透析にできる限り立ち合い、手技、読影法を学ぶ。
4. 手技:採血、血管確保、シャント穿刺、透析カテーテルの挿入留置などの手技を習得する。適応があれば受持ち患者の腎エコー検査を積極的におこない習得する。
5. 回診:指導医・上級医と共に1日2回(朝夕)の回診をおこなう。


外来業務

1. 初期研修医は指導医の指導のもと、問診などの初療に関与することができる。
2. 透析に関しては、シャント穿刺やドライウエイト設定を指導医・上級医とともに実施する。


救急業務

1. 時間外の受持ち患者の急変にも、指導医・上級医とともに対応する。
2. 緊急入院が決定した際には、必要なマネジメントについて研修医も上級医とともに参加実践する。
3. 時間外の腎臓疾患の救急症例(緊急透析や腹膜透析関連のトラブル)の参加は指導医の裁量で判断する。

LS (方略2) 勉強会・カンファレンス
毎週火曜日 13:30 腎臓内科症例カンファレンス、木曜日 8:30 他職種合同病棟カンファレンス、木曜日 16:00 透析センター カンファレンスに参加して受持ち患者についてプレゼンテーションをおこなう。


LS(方略3) 学会発表・臨床研究
学会活動:指導医のもと症例発表あるいは臨床研究を発表する。
論文執筆:学会報告を中心に症例報告、臨床研究を執筆する。


④EV (評価) 研修開始1カ月目に中間評価、終了時に最終評価をおこなう。
A:十分できる、B:できる、C:不十分、NA:判定不能

 

診療・医療面接

 

 

 

 

1

病歴や診察所見から、腎疾患の鑑別診断を挙げる

A

B

C

NA

2

問題リストを適切に作成し、検査計画や治療計画を立てる

A

B

C

NA

3

患者のプライバシーに十分配慮する

A

B

C

NA

4

患者や家族に診療内容や今後の方針を説明し、理解を得る

A

B

C

NA

カルテ記載

 

 

 

 

1

診療録(退院サマリーを含む)をPOS(Problem Oriented System)に従って記載する

A

B

C

NA

2

紹介状や返信等の文書作成を適切に行う

A

B

C

NA

検査

 

 

 

 

1

腎エコー検査

経験( 有 ・ 無 )  見学( 有 ・ 無 )

2

エコーガイド下腎生検(固有腎もしくは移植腎)

見学( 有 ・ 無 )

診断・治療

 

 

 

 

1

尿検査の結果や腎機能の程度、両腎の形態から、腎疾患の鑑別診断と重症度を把握する

A

B

C

NA

2

腎生検標本の所見から組織診断を行い、適切な治療法を検討する

経験( 有 ・ 無 )  見学( 有 ・ 無 )

3

薬剤(副腎皮質ステロイド、免疫抑制剤、降圧薬、抗菌薬等)の効果や副作用を理解し、
    腎機能を考慮した薬物療法を実施する

A

B

C

NA

4

腎機能に配慮した輸液治療や輸血を実施できる

A

B

C

NA

5

慢性腎臓病の概念や生活習慣病との関連を理解し、患者や地域住民へ啓発する

経験( 有 ・ 無 )  見学( 有 ・ 無 )

6

臨床所見から、慢性腎不全の原疾患を推測する

A

B

C

NA

7

保存期慢性腎不全の病態を理解し、適切な診療方針を立案できる

A

B

C

NA

8

透析導入が必要か否か判断する

A

B

C

NA

9

透析患者の合併症(導入初期、長期)を理解し、治療する

A

B

C

NA

10

腎移植の診療を経験する

経験( 有 ・ 無 )  見学( 有 ・ 無 )

手技

 

 

 

 

1

シャント血管穿刺

経験( 有 ・ 無 )  見学( 有 ・ 無 )

2

血液透析用カテーテルまたは中心静脈カテーテルの挿入・留置

経験( 有 ・ 無 )  見学( 有 ・ 無 )

3

血液透析回路の組み立てとプライミング

経験( 有 ・ 無 )  見学( 有 ・ 無 )

4

シャント血管手術または腹膜透析カテーテル関連手術

経験( 有 ・ 無 )  見学( 有 ・ 無 )

5

腎移植手術

経験( 有 ・ 無 )  見学( 有 ・ 無 )

6

その他の泌尿器科手術(腎臓摘出、DJカテーテル挿入、腎瘻造設の何れか)

経験( 有 ・ 無 )  見学( 有 ・ 無 )

医療従事者としての自覚・規範

 

 

 

 

1

医師や看護師、他の医療従事者と適切なコミュニケーションがとれる

A

B

C

NA

2

医療事故防止に留意しマニュアルに従って行動する

A

B

C

NA

3

手洗い等感染対策に十分配慮する

A

B

C

NA

4

上級医や指導医に適切なタイミングで相談できる

A

B

C

NA

学習・プレゼンテーション

 

 

 

 

1

教科書や文献を検索し、診療に役立てる

A

B

C

NA

2

(カンファランス等で)症例呈示と討論ができる

A

B

C

NA

 

⑤ 週間予定

研修医の先生との勉強会(透析センター カンファレンス室
火曜 8:00~

腎生検(手術室
火曜 10:00~
抄読会
火曜 12:30〜(透析センター カンファレンス室)

腎臓内科症例カンファレンス(透析センター カンファレンス室
火曜 13:30〜

腎臓内科回診(5階病棟
火曜 15:00~

泌尿器科・腎臓内科合同カンファレンス(5階病棟 カンファレンス室
火曜 19:00~

多職種合同病棟カンファレンス(5階病棟 ナースステーション
木曜 8:30〜

透析センター カンファレンス(透析センター
木曜 16:00〜

腎病理検討会
金曜 15:00~


医学生・研修医の方

平成31年度採用 初期臨床研修医募集要項
初期臨床研修 概容・見学会のご案内
初期臨床研修 研修環境
後期研修プログラム
新専門医プログラム
初期研修医・後期研修医ブログ
FACEBOOK
教育センター