麻酔科プログラム

麻酔科プログラム

麻酔科

①GIO (一般目標) 長崎医療センターにおける臨床研修の理念


②SBOs (行動目標)
1. 術前診療
1)カルテから病歴を得ることができる。
2)術前検査結果を評価できる。
3)術前合併症を評価できる。
4)術前の身体所見を得ることができる。
5)上級医へ術前情報を呈示し討論できる。
6)術前情報・術式をふまえた麻酔計画を立てられる。
7)術前指示を出せる。
8)患者に麻酔説明を行える。
9)術前カンファレンスでプレゼンテーションできる。


2.手術中
1)静脈路を確保できる。
2)動脈圧ラインを確保しモニターできる。
3)マスク換気ができる。
4)気管挿管を行い、呼吸管理ができる。
5)胃管を挿入・管理できる。
6)中心静脈カテーテルを挿入し中心静脈圧をモニターできる。(施行数例)
7)全身麻酔維持ができる。
8)脊椎麻酔を施行できる。(施行数)
9)術中輸液を実施できる。
10)輸血について理解し適切に実施できる。
11)バイタルサインを評価できる。
12)尿量・出血量を評価できる。
13)検体検査(動脈血液ガス電解質検査・血糖測定・検尿)をできる。
14)ベッドサイドモニターを使用できる。
15)麻酔器の仕組みを理解し、使用できる。
16)麻酔に用いる薬剤(麻酔薬・麻薬・筋弛緩薬など)の作用、副作用、相互作用について理解し、使用できる。
17)術中に頻用する循環作動薬の作用について理解し、使用できる。
18)術後鎮痛法を計画・実施できる。

3.終刀から術後へ
1)覚醒に伴う手技(吸引、胃管抜去、抜管等)を行える。
2)退室前の状態(意識レベル、呼吸、循環、疼痛等)を評価できる。
3)麻酔後合併症を知り、対処できる。


4.その他手術室業務
1)手術室スタッフとチーム医療を行うことができる。
2)麻薬を正しく取り扱うことができる。
3)向精神薬・毒薬・劇薬を手術室の運用にそって管理できる。
4)麻酔に関する実施入力を正しく行い、保険診療やコストについて知見を深める。


③LS (方略1) On-the-job training
1.主として手術室で業務を行う。
2.術前診察を行い、指導医と麻酔計画を立案する。
3.指導医の監督下に麻酔業務を行う。
4.適切な術後鎮痛法を修得する。
5.術後回診を行う。
6.静脈路確保、動脈圧ライン確保、マスク換気、気管挿管、腰椎穿刺などの手技を指導医の監督下に修得する。
7.夜間、休日オンコールを指導医の指導医の指導の下経験する。


LS (方略2) 勉強会・カンファレンス
1. 術前カンファランス
毎日朝8:30〜9:00、当日の全麻酔症例について、原疾患、術式、合併症等を提示し、麻酔法の選択やモニタリング、術後鎮痛等について検討する。
2. 抄読会
毎週火曜日、朝8:15から、麻酔および関連分野の論文の抄読を行う。


④EV (評価) 研修開始1カ月目に中間評価、終了時に最終評価をおこなう。
A:十分できる、B:できる、C:不十分、NA:判定不能

術前診療

   

 

1

カルテから病歴を得ることができる

A

B

C

NA

2

術前検査結果を評価できる

A

B

C

NA

3

術前合併症を評価できる

A

B

C

NA

4

術前の身体所見を得ることができる

A

B

C

NA

5

上級医へ術前情報を呈示し討論できる

A

B

C

NA

6

術前情報・術式をふまえた麻酔計画を立てられる

A

B

C

NA

7

術前指示を出せる

A

B

C

NA

8

患者に麻酔説明を行える

A

B

C

NA

9

術前カンファレンスでプレゼンテーションできる

A

B

C

NA

手術中

   

 

1

静脈路を確保できる

A

B

C

NA

2

動脈圧ラインを確保しモニターできる

A

B

C

NA

3

マスク換気ができる

A

B

C

NA

4

気管挿管を行い、呼吸管理ができる

A

B

C

NA

5

胃管を挿入・管理できる

A

B

C

NA

6

中心静脈カテーテルを挿入し中心静脈圧をモニターできる
(施行数      例)

A

B

C

NA

7

全身麻酔維持ができる

A

B

C

NA

8

脊椎麻酔を施行できる(施行数      )

A

B

C

NA

9

術中輸液を実施できる

A

B

C

NA

10

輸血について理解し適切に実施できる

A

B

C

NA

11

バイタルサインを評価できる

A

B

C

NA

12

尿量・出血量を評価できる

A

B

C

NA

13

検体検査(動脈血液ガス電解質検査・血糖測定・検尿)をできる

A

B

C

NA

14

ベッドサイドモニターを使用できる

A

B

C

NA

15

麻酔器の仕組みを理解し、使用できる

A

B

C

NA

16

麻酔に用いる薬剤(麻酔薬・麻薬・筋弛緩薬など)の作用、副作用、相互作用について理解し、使用できる

A

B

C

NA

17

術中に頻用する循環作動薬の作用について理解し、使用できる

A

B

C

NA

18

術後鎮痛法を計画・実施できる

A

B

C

NA

終刀から術後へ

   

 

1

覚醒に伴う手技(吸引、胃管抜去、抜管等)を行える

A

B

C

NA

2

退室前の状態(意識レベル、呼吸、循環、疼痛等)を評価できる

A

B

C

NA

3

麻酔後合併症を知り、対処できる

A

B

C

NA

その他手術室業務

   

 

1

手術室スタッフとチーム医療を行うことができる

A

B

C

NA

2

麻薬を正しく取り扱うことができる

A

B

C

NA

3

向精神薬・毒薬・劇薬を手術室の運用にそって管理できる

A

B

C

NA

4

麻酔に関する実施入力を正しく行い、保険診療やコストについて知見を深める

A

B

C

NA

 

⑤ 週間予定

8:15〜 抄読会
月〜金
8:30〜 術前カンファランス
9:00〜 麻酔業務、術前診察、術後回診


医学生・研修医の方

平成31年度採用 初期臨床研修医募集要項
初期臨床研修 概容・見学会のご案内
初期臨床研修 研修環境
後期研修プログラム
新専門医プログラム
初期研修医・後期研修医ブログ
FACEBOOK
教育センター