眼科プログラム

眼科プログラム

眼科

①GIO (一般目標) 長崎医療センターにおける臨床研修の理念


②SBOs (行動目標)
1)病歴をとることができる。
2)流行性角結膜炎などの感染症の診察、治療ができる。
3)視力測定ができる。
4)眼圧測定ができる(非接触性眼圧計にて)。
5)適切な点眼処方の検討ができる。
6)細隙灯顕微鏡にて前眼部・中間透光体の観察ができる。
7)倒像鏡にて眼底検査ができる。
8)眼底写真の撮影ができる。
9)患者に点眼をすることができる。


③LS (方略1) On-the-job training
病棟業務

1. 眼科入院患者の担当医として、指導医・上級医とともに診察にあたる。
2. 入院患者の体位保持、全身管理、精神面のケアを行う。
3. 毎週木曜日17:00から翌週の手術患者の術前カンファランスを行う。
4. 指導医・上級医のもとに手術の助手の仕方を学ぶ。


外来業務
1. 新患患者の病歴を聴取し、指導医・上級医の指示に従い、検査をオーダーする。
2. 検査結果を指導医・上級医のもとに評価し、治療方針を学ぶ。
3. 視能訓練師について各種眼科検査を学ぶ。
4. 指導医・上級医のもとに結膜下注射や涙管通水試験などの処置を学ぶ。


救急業務
1. 眼科拘束医と連携をとり、救急患者の診察・治療法を学ぶ。
2. 入院が必要な救急患者の場合、入院指示を行う。


LS (方略2) 勉強会・カンファレンス
月〜金曜日 病棟診察後 病棟カンファレンス
木曜日17:00 手術症例カンファレンス


LS(方略3) 学会発表・臨床研究
学会発表:指導医のもと症例発表をする。


④EV (評価) 研修開始1カ月目に中間評価、終了時に最終評価をおこなう。>
A:十分できる、B:できる、C:不十分、NA:判定不能

1

病歴をとることができる

A

B

C

NA

2

流行性角結膜炎などの感染症の診察、治療ができる

A

B

C

NA

3

視力測定ができる

A

B

C

NA

4

眼圧測定ができる(非接触性眼圧計にて)

A

B

C

NA

5

適切な点眼処方の検討ができる

A

B

C

NA

6

細隙灯顕微鏡にて前眼部・中間透光体の観察ができる

A

B

C

NA

7

倒像鏡にて眼底検査ができる

A

B

C

NA

8

眼底写真の撮影ができる

A

B

C

NA

9

患者に点眼をすることができる

A

B

C

NA


⑤週間予定

 

土日

病棟診察

病棟診察

病棟診察

病棟診察

病棟診察

 

午前中

外来診察

外来診察

外来診察

外来診察

外来診察

 

午後

手術

未熟児診察

手術

斜視外来

手術

 

夕方

 

 

 

手術検討

 

 


医学生・研修医の方

平成31年度採用 初期臨床研修医募集要項
初期臨床研修 概容・見学会のご案内
初期臨床研修 研修環境
後期研修プログラム
新専門医プログラム
初期研修医・後期研修医ブログ
FACEBOOK
教育センター