整形外科プログラム

整形外科プログラム

整形外科

①GIO (一般目標) 長崎医療センターにおける臨床研修の理念

②SBOs (行動目標)
1.医療面接等
1)患者の病歴(主訴、現病歴、既往歴、家族歴、生活・職業歴、系統的レビュー)を聴取し、記録できる
2)カンファレンス等において、症例呈示と手術の適応と内容、後療法について理解し、説明できる
3)指導医師や他の医療従事者と適切なコミュニケーションがとれる
4)先天性疾患、慢性変性疾患、外傷疾患の患者の特性を理解し、良好な医師患者関係を構築できる

2.医療記録
1)整形外科の診療ガイドラインやクリニカルパスを理解し活用できる
2)診療録(退院時サマリーを含む)をPOS (Problem Oriented System) に従って記載し管理できる
3)単純X線像の正常像、異常像を評価し、主なX線分類、骨計測を用いて記載できる

3.基本的治療法
1)整形外科的治療法に用いられる器具類について理解し、適切に使用できる
2)保存的治療法、観血的治療についての適応を理解し、実施できる
3)保存的治療、観血的治療の有効性、起こりうる危険性、合併症を理解し、説明できる
4)手術に参加し、メンバーとして協力できる

4.基本的手技
1)局所麻酔、伝達麻酔を実施できる
2)シーネ固定、ギプス固定を実施できる
3)膝関節穿刺、腰椎穿刺を実施できる
4)下肢の介達牽引、直達牽引を実施できる
5)コルセット、四肢装具の目的を理解し装着できる
6)小児肘内障の徒手整復を実施できる。
7)骨折、脱臼の整復を理解し、実施に参加できる
8)整形外科的感染予防法を理解し、創部消毒とガーゼ交換を実施できる
9)皮膚切開や皮膚縫合、腱縫合を実施できる
10)開放創、開放骨折を評価し、適切な応急処置ができる
11)創外固定、体外式脊椎固定術を理解し、実施に参加できる

5.基本的な身体診察法
1)骨、関節、神経、筋肉の構造を理解し、バイオメカニクスを説明できる
2)関節可動域計測法、四肢筋力評価法、四肢長計測法を理解し、実施できる
3)整形外科疾患の代表的症状、徴候を用いて診断し、記載できる
4)四肢、体幹の異常所見を評価し、記載できる
5)関節液など穿刺液を評価し、記載できる



LS (方略)1 On-the-job training
病棟業務
 主治医を含む指導医・上級医の指導のもとに、整形外科に必要な基礎知識と
技術を習得する。
 診察:病棟に配属され、常時5名程度の患者を指導医・上級医とともに
受け持つ。入院患者の問診および身体所見の把握、予定されている手術の
適応や内容を理解する。
 検査:受持患者の一般撮影、CT、MRI などの各種画像検査の読影法を学ぶ。
 手技:関節注射の適応について理解し、場合により指導医のもとで実施する。
創部観察、創傷処置、ドレーン管理など、消毒回診の中で実践し習得する。
 周術期管理:担当患者の術前・術後の全身管理について習熟する。
 回診:各自で担当患者の回診を行い、病態を把握し適切な指示や処置を実施する.毎週火曜日の部長回診では受持医(研修医)のプレゼンテーションに基づき方針の確認を行う。


外来業務
 研修医は基本的に外来業務に関与しない。
ただし、緊急入院や緊急手術となる患者の外来マネージメントは主治医を含む指導医・上級医とともに積極的に行い、必要な緊急処置を実施する。

手術
 月曜日、水曜日、木曜日、金曜日に定期手術があり、それ以外に緊急手術が
適時追加となる。
 手術助手、場合により術者として参加し、手術野の展開清潔操作・止血法などの外科的基本手技を習得する。
また、皮膚縫合などの小手術手技についても習得する。

救急業務
 救命救急センターからのファーストコールはオンコールドクターが担当する.状況が許す限り救急での診察、処置を指導医・上級医のもとに行う。
入院や手術が決定した際には、必要なマネージメントについても上級医とともに参加実践する。

LS (方略)2 カンファレンス・勉強会
■病棟 症例カンファレンス
毎週火曜午後2時より、6B病棟カンファレンスルームにて行っている。病棟薬剤師、理学療法士、病棟看護師、放射線技師、医療社会事業部などの関係者を交え、疾患だけではなく、患者の精神状態や家族・社会環境についても検討し、適切な退院支援、ゴールの設置を上級医が進行して行う。また 前週に行われた手術やその週に行われる予定手術についての症例検討を行う。

■部長回診
毎週火曜日午後 病棟症例カンファランスを行い、その後理学療法士、病棟看護師などの関係者を交えて回診し病棟入院患者の病状確認を行っている。担当医・研修医・上級医は入院担当患者のプレゼンテーションを行い、問題点を指摘する。

■救急カンファレンス
適宜、救命救急科と合同で、救命救急病棟のカンファレンスルームにて行っている。2 科のスタッフが行う症例カンファレンスである。

■整形外科抄読会
長崎県央地域の勤務医・開業医と合同で行っている。
第1,3週火曜日の午後7 時より、病棟6階カンファランスルームにて行う。整形外科スタッフが各自選んだ英文論文をまとめて、抄読をしてその論文に関して吟味、討論する。
整形外科専門カンファレンス
第1,3週火曜日の整形外科抄読会終了後より病棟6階カンファランスルームにて行う。整形外科スタッフが各自選んだトピックや症例を最新の知見に基づいてレビュー、もしくは学会発表の予演会等を行う。

■整形外科バードアイカンファレンス(BEC:ベック)

指導医・上級医による研修医対象のベットサイド教育カンファレンス。
整形外科診療において、必要時に随時、俯瞰的な視野にたっての考え方、知識を指導、
教授する。

 

9:00

手術

手術室

 

適時

担当医回診、病棟業務

病棟

火曜日 

~8:50

消毒回診、担当医回診、病棟業務

病棟

 

9:00

手術

手術室

 

適時

担当医回診、病棟業務

病棟

 

14:00

病棟症例カンファランス

カンファレンス室

 

15:30

部長回診

6B病棟

 

19:00

症例検討、抄読会

カンファレンス室

 

~7:20

担当医回診、病棟業務

 

水曜日 

~8:50

消毒回診、担当医回診、病棟業務

病棟

 

9:00

手術

手術室

 

適時

担当医回診、病棟業務

病棟

木曜日

~8:50

消毒回診、担当医回診、病棟業務

病棟

 

9:00

手術

手術室

 

適時

担当医回診、病棟業務

病棟

金曜日

~8:50

消毒回診、担当医回診、病棟業務

病棟

 

9:00

手術

手術室

 

適時

担当医回診、病棟業務

病棟

土曜日

9:00

病棟業務、救急対応

病棟

日曜日

9:00〜

消毒回診 病棟業務、救急対応

病棟


④EV (評価) 研修開始1カ月目に中間評価、終了時に最終評価をおこなう。
A:十分できる、B:できる、C:不十分、NA:判定不能

医療面接等

 

 

  

1)

患者の病歴(主訴、現病歴、既往歴、家族歴、生活・職業歴、系統的レビュー)を聴取し、記録できる

A

B

C

NA

2)

カンファレンス等において、症例呈示と手術の適応と内容、後療法について理解し、説明できる

A

B

C

NA

3)

指導医師や他の医療従事者と適切なコミュニケーションがとれる

A

B

C

NA

4)

先天性疾患、慢性変性疾患、外傷疾患の患者の特性を理解し、良好な医師患者関係を構築できる

A

B

C

NA

医療記録

 

 

  

1)

整形外科の診療ガイドラインやクリニカルパスを理解し活用できる

A

B

C

NA

2)

診療録(退院時サマリーを含む)をPOS (Problem Oriented System) に従って記載し管理できる

A

B

C

NA

3)

単純X線像の正常像、異常像を評価し、主なX線分類、骨計測を用いて記載できる

A

B

C

NA

基本的治療法

 

 

  

1)

整形外科的治療法に用いられる器具類について理解し、適切に使用できる

A

B

C

NA

2)

保存的治療法、観血的治療についての適応を理解し、実施できる

A

B

C

NA

3)

保存的治療、観血的治療の有効性、起こりうる危険性、合併症を理解し、説明できる

A

B

C

NA

4)

手術に参加し、メンバーとして協力できる

A

B

C

NA

基本的手技

 

 

  

1)

局所麻酔、伝達麻酔を実施できる

A

B

C

NA

2)

シーネ固定、ギプス固定を実施できる

A

B

C

NA

3)

膝関節穿刺、腰椎穿刺を実施できる

A

B

C

NA

4)

下肢の介達牽引、直達牽引を実施できる

A

B

C

NA

5)

コルセット、四肢装具の目的を理解し装着できる

A

B

C

NA

6)

小児肘内障の徒手整復を実施できる。

A

B

C

NA

7)

骨折、脱臼の整復を理解し、実施に参加できる

A

B

C

NA

8)

整形外科的感染予防法を理解し、創部消毒とガーゼ交換を実施できる

A

B

C

NA

9)

皮膚切開や皮膚縫合、腱縫合を実施できる

A

B

C

NA

10)

開放創、開放骨折を評価し、適切な応急処置ができる

A

B

C

NA

11)

創外固定、体外式脊椎固定術を理解し、実施に参加できる

A

B

C

NA

基本的な身体診察法

 

 

  

1)

骨、関節、神経、筋肉の構造を理解し、バイオメカニクスを説明できる

A

B

C

NA

2)

関節可動域計測法、四肢筋力評価法、四肢長計測法を理解し、実施できる

A

B

C

NA

3)

整形外科疾患の代表的症状、徴候を用いて診断し、記載できる

A

B

C

NA

4)

四肢、体幹の異常所見を評価し、記載できる

A

B

C

NA

5)

関節液など穿刺液を評価し、記載できる

A

B

C

NA




医学生・研修医の方

平成31年度採用 初期臨床研修医募集要項
初期臨床研修 概容・見学会のご案内
初期臨床研修 研修環境
後期研修プログラム
新専門医プログラム
初期研修医・後期研修医ブログ
FACEBOOK
教育センター