神経内科プログラム

神経内科プログラム

神経内科

①GIO (一般目標) 長崎医療センターにおける臨床研修の理念


②SBOs (行動目標)

1.医療面接等

1)医療面接におけるコミュニケーションの持つ意義を理解し、コミュニケーションスキルを身に付け、患者の解釈モデル、受診動機、受療行動を把握できる。

2)患者の病歴(主訴、現病歴、既往歴、家族歴、生活・職業歴)の聴取と記録ができる。

3)医師、患者・家族がともに納得できる医療を行うためのインフォームド・コンセントが実施できる。

4)指導医や専門医に適切なタイミングでコンサルテーションができる。

 

2.基本的な身体診察法

1)神経学的診察ができ、記載できる。

 

3.基本的手技

1)穿刺法(腰椎)を実施できる。

 

4.基本的治療法

1)療養指導(安静度、体位、食事、入浴、排泄、環境整備を含む)ができる・

2)薬物の作用、副作用、相互作用について理解し、薬物治療(抗菌薬、副腎皮質ステロイド薬、免疫抑制薬、血液製剤を含む)ができる。

 

5.医療記録

1)診療録(退院時サマリーを含む)をPOS (Problem Oriented System) に従って記載し管理できる。

2)処方箋、指示箋を作成し、管理できる。

 

③LS (方略1) On-the-job training

病棟業務

1.神経内科入院患者の担当医として、上級医・指導医の指導のもとで診療にあたる。

2.担当患者の病歴聴取、身体診察および神経学的診察、検査結果の解釈、鑑別診断を行い、指導医とともに診療計画を立案する。

3.カンファランス・回診から検査適応・治療方針を理解し、これに基づき診療計画の見直し、オーダリングを行う。

4.腰椎穿刺、電気生理学的検査などの必要手技を上級医・指導医の指導のもと実施する。

5.担当患者以外でも予定入院および緊急入院患者の初期診療に参加する。

 

外来業務

初期研修医は基本的には外来業務に関与しない。

 

救急業務

1.時間外の担当患者の急変にも、上級医・指導医とともに対応する。

2.SHOTコール(脳卒中ホットライン)に上級医・指導医とともに対応する。

3.時間外の救急外来患者対応については、上級医・指導医の裁量で判断する。

 

LS (方略2) 勉強会・カンファレンス

1.脳卒中カンファランス、脳神経外科との合同カンファランスに参加し、患者プレゼンテーションを行う。

2.定期的な抄読会は行っていない。

3.長崎大学関連病院群で開催される神経内科勉強会(神経懇話会、脳卒中高次能研究会、リハビリテーション研究会など)に積極的に参加する。

 

LS(方略3) 学会発表・臨床研究

1.指導医の指導のもと、関連学会にて症例発表を行う。

2.学会報告を中心に症例報告を執筆する。

 

④EV (評価) 研修開始1カ月目に中間評価、終了時に最終評価をおこなう。

A:十分できる、B:できる、C:不十分、NA:判定不能

 

⑤ 週間予定

脳卒中カンファランス(救命救急センター スタッフステーション)

 火曜日 17:30~ 

 脳神経外科(脳血管グループ)と神経内科、リハビリスタッフ、MSWで症例検討

 

電気生理学的検査

 水曜日 9:00~12:00、木曜日 14:00~16:00

 外来・入院患者の末梢神経伝導速度検査、筋電図検査

 

脳神経外科・神経内科合同カンファランス(3階会議室)

 木曜日 8:30~11:00頃

 

病棟回診

 木曜日 合同カンファランス終了後~


医学生・研修医の方

平成31年度採用 初期臨床研修医募集要項
初期臨床研修 概容・見学会のご案内
初期臨床研修 研修環境
後期研修プログラム
新専門医プログラム
初期研修医・後期研修医ブログ
FACEBOOK
教育センター