小児科専攻医プログラム

小児科専攻医プログラム

はじめに

本プログラムでは、「小児医療の水準向上・進歩発展を図り、小児の健康増進および福祉の充実に寄与する優れた小児科専門医を育成する」ことを目的とし、一定の専門領域に偏ることなく、幅広く研修を行い、「子どもの総合診療医」「育児・健康支援者」「子どもの代弁者」「学識・研究者」「医療のプロフェッショナル」の5つの資質を備えた小児科専門となることをめざしてください。


プログラムの特徴

本プログラムは長崎医療センターを基幹施設とし、長崎大学病院小児科を連携施設、長崎県病院企業団(長崎県島原病院、長崎県五島中央病院、長崎県上五島病院、長崎県壱岐病院、長崎県対馬病院、長崎県上対馬病院)をその他の連携施設として病院群を構成しています。

当院は長崎県の県央地区にあり、県央地区の中核病院ならびに離島医療の親元病院としての機能を有しており、小児科においても同様の役割を担っています。また長崎県唯一の総合周産期母子医療センターに認定されており、未熟児・新生児医療において高度な専門医療を展開しています。小児循環器についても心臓カテーテル検査、心臓手術後の全身管理においてチーム医療を行っています。小児神経の中ではてんかん(特に難治性てんかん)に対する検査・治療・外科治療などを積極的に行っています。また、救急医療に対しても1次から3次までの救急患者を受け入れる体制を有しているため、小児科医として欠くことのできない救急疾患の対応、急性疾患の管理も研修できる施設です。

内分泌・代謝疾患・血液腫瘍疾患・腎泌尿器疾患など、専門医が不在の領域の研修については、長崎大学病院小児科で経験できる体制にしています。また、長崎県の特徴の一つである離島医療やへき地医療に関しても、連携病院で研修できるプログラムになっています。



診療研修内容

実際の研修内容としては図にも示していますが、

専門研修1年目は長崎医療センター一般病棟で6か月間感染性疾患・アレルギー疾患・呼吸器疾患・消化器疾患・腎泌尿器疾患・循環器疾患・神経疾患を担当医として研修し、周産期センター新生児部門で新生児疾患・先天異常疾患を6か月研修します。

2年目以降は長崎大学病院で6か月、長崎県病院企業団の施設で地域医療・離島医療を経験し、外来での乳児健康診査と予防接種などの小児保健・社会医学の研修と救急疾患の対応を担当医として研修します。

3年目は長崎医療センターを含めた病院群の中ですべての領域を総合的に研修します。

それぞれの施設でどれくらいの期間研修するかは其々、個人の実情に合わせて対応したいと思っています。


募集について

1. 募集人員: 3名

2. 研修期間: 3年

3. 採用スケジュール
 

  募集期間 : H28.8.15(月)~H28.9.30(金)
  採用試験 : H28.10.1(土)H28.10.16(日)で随時実施 
  結果通知 : H28.10月末 


4. 協力研修施設:
 ・長崎大学病院
 ・長崎県病院企業団施設

問い合わせ先

〒856-8562
長崎県大村市久原2丁目1001-1

独立行政法人国立病院機構 長崎医療センター 
小児科 
田中 茂樹
電話: 0957-52-3121(代) 電子メール: kensyu@nagasaki-mc.com

医学生・研修医の方

平成30年度採用 初期臨床研修医募集要項
初期臨床研修 概容・見学会のご案内
初期臨床研修 研修環境
後期臨床研修
初期研修医・後期研修医ブログ
FACEBOOK
教育センター

受付・診療時間

電話番号

0957-52-3121

19時~8時30分の間はこちら

0957-52-3124

急患は24時間受付

受付時間

8時30分~11時30分

休診日

土・日曜日・祝日・年末年始

交通アクセス