眼科

眼科

眼科後期研修計画

基本コンセプト:
後期3年間で眼科における基礎的な診察ならびに検査、治療が行える知識、技能を身につける。
特に治療では白内障を中心とした内眼手術、翼状片切除や霰粒腫切開、眼瞼手術などの小手術の修得を目指す。
また、症例報告や臨床研究の機会を与え、眼科専門医資格の取得を最終目標とする。
 
目標資格:
眼科専門医
 
一般目標:
眼科専門医になるために、様々な科において幅広い知識とプライマリケア技術や医師としての基本的な態度を学ぶ。
 
行動目標:
1. 患者に対する接遇や医療スタッフとの連携など、病院における基本的人間関係の構築ができる。
2. 病歴の聴取や診療記録の正しい記載方法など医師として基本的な技能を身につける。
3. 総合診療科においては、あらゆる疾患のプライマリーケアに関する知識と具体的な対処法、疾患の各科への選別、紹介方法などに関して研修する。
4. 1年目の眼科に関しては、
 1)病歴の聴取
 2)視力検査、視野検査、色覚検査、眼圧測定、眼底写真撮影、前眼部写真撮影
 3)細隙灯顕微鏡と眼底鏡による診察
 4)基本的眼科疾患の診断 
 5)点眼薬を中心とした眼科、領域の薬剤の適応や禁忌、投与方法
 6)顕微鏡下手術の介助 等について初期研修を行う。
5. 麻酔科では、全身麻酔の術前評価、麻酔導入、挿管、覚醒まで、一連の基本的技能を研修する。
また、麻薬の管理法や使用方法に関する正しい知識を身につける。
6. 救命では、救急救命の実際、特にショック患者の対処法に関し、研修し修得する。
7. 総合診療科(糖尿病)においては、糖尿病患者の血糖管理を中心とした全身管理に関して研修し、特にケトーシスや低血糖などの具体的対処法を修得する。
8. 神経内科においては、外転神経麻痺や動眼神経麻痺といった複視を訴える患者の対処、診断法や多発性硬化症など視神経炎を来す疾患の診断法、治療法について修得する。
9. 形成外科では、裂傷や擦過傷等の外傷に対する対処法、皮膚縫合に関する基本的、具体的な手技の修得、眼瞼・眼窩腫瘍、眼瞼内反や眼瞼下垂といった眼科形成外科領域の疾患に関する治療法、手術法に関して研修する。



医学生・研修医の方

平成31年度採用 初期臨床研修医募集要項
初期臨床研修 概容・見学会のご案内
初期臨床研修 研修環境
後期研修プログラム
新専門医プログラム
初期研修医・後期研修医ブログ
FACEBOOK
教育センター