泌尿器科

泌尿器科

泌尿器科後期研修計画

基本コンセプト:
泌尿器科のスペシャリストをめざすコース。泌尿器疾患のうち頻度の多い疾患に対して、適切な診断および治療ができる。
他の比較的稀な泌尿器疾患についても鑑別診断ができ、治療方針を立てることができ、指導医の指示のもとに適切な治療ができる。
 
目標資格:
泌尿器科専門医
 
一般目標:
泌尿器科検査、手術に必要な基本手技を獲得する。
 
行動目標:
1. 泌尿器科専門医として認定される(学会資格)。そのため以下の行動目標がある。
2. 泌尿器科疾患の知識を深めるため経験した症例などをまとめ、発表できる。
3. 泌尿器科救急疾患の初期対応を適切に行い、治療を完結することができる。
4. 泌尿器科疾患のうち頻度の多い疾患の手術の術者を務める。(症例数の規定あり)
5. 泌尿器科疾患で比較的難易度の高い手術の助手を務める。(症例数の規定あり)
6. カルテ記載はもとよりがん登録、サマリー記載などを迅速、正確に記述できる。

泌尿器科

①GIO (一般目標) 長崎医療センターにおける臨床研修の理念

②SBOs (行動目標)
1. 医療面接等
1)症例呈示と討論ができる。
2)予定された手術の適応と内容について理解し、説明できる。
3)上級及び同僚医師や他の医療従事者と適切なコミュニケーションがとれる。

2.基本的な身体診察法
1)全身の観察(バイタルサインと精神状態の把握、皮膚や表在リンパ節の診察を含む)ができ、記載できる。
2)胸部の診察ができ、記載できる。
3)腹部の診察(直腸診を含む)ができ、記載できる。
4)泌尿・生殖器の診察ができ、記載できる。
5)泌尿器科受診の小児の診察(生理的所見と病的所見の鑑別を含む)ができ、記載できる。

3.基本的な臨床検査    
1)一般尿検査(尿沈渣顕微鏡検査を含む) の判断
2)内視鏡検査 :尿道膀胱鏡検査
3)腎、膀胱、前立腺の超音波検査
4)単純X線検査の読影 :尿路結石、イレウスなど
5)造影X線検査:尿道膀胱造影
6)X線CT検査の読影:腎、尿管、前立腺

4.基本的手技       
1)圧迫止血法および肉眼的血尿の止血法を実施できる。
2)注射法(皮内、皮下、筋肉、点滴、静脈確保)を実施できる。
3)採血法(静脈血、動脈血)を実施できる。
4)穿刺法(腰椎を含む)を実施できる。
5)導尿法を実施できる。
6)ドレーン・チューブ類の管理ができる。
7)局所麻酔法を実施できる。
8)創部消毒とガーゼ交換を実施できる。
9)簡単な切開・排膿を実施できる。
10)皮膚縫合法を実施できる。
11)軽度の外傷・熱傷、泌尿器科救急の処置を実施できる。

5.基本的治療法
1)薬物の作用、副作用、相互作用について理解し、薬物治療(抗菌薬、副腎皮質ステロイド薬、解熱薬、麻薬、血液製剤を含む)ができる。
2)基本的な輸液ができる。
3)輸血(成分輸血を含む)による効果と副作用について理解し、輸血が実施できる。
4)手術に参加し、メンバーとして協力できる。

6.医療記録    
1)診療録(退院時サマリーを含む)をPOS (Problem Oriented System) に従って記載し管理できる。
2)処方箋、指示箋を作成し、管理できる。
3)診断書、死亡診断書、死体検案書、その他の証明書を作成し、管理できる。

③LS (方略1) On-the-job training
 臨床研修プログラムにおける選択科目として1~3か月で研修医の受け入れ
 同時受け入れ可能定員 2人
病棟業務:上級医の指導の下に、担当医として入院患者の診療にあたり、各々の疾患に
     ついての知識を深め、泌尿器科的診察技術を習得し検査、治療方法を理解する。
     予定手術全例に参加し、基本手技を習得する。
外来業務:上級医とともに外来診療にあたり、新患患者の病歴聴取、身体診察を行い、
     必要な検査、治療方針を検討する。
     外来にて施行する検査、処置(超音波検査、膀胱尿道内視鏡、導尿、膀胱・
     腎盂カテーテル交換、尿道拡張法など)の技術を習得する。
救急業務:救急的対応を経験するため、救命救急センターや他施設からのコンサルテーションに上級医とともに対応する
     緊急手術に参加し、基本手技を習得する。

LS (方略2) 勉強会・カンファレンス
月曜日 
病棟回診AM 7:45 ~ 8:15
病棟カンファレンス AM 8:30 ~ 8:45 病棟看護師とともに、入院患者に対する情報
共有、問題症例における今後の方針を検討する。
 
火曜日
  泌尿器科カンファレンス PM 5:00頃(手術終了後)~
   入院、外来の症例検討、次週手術症例の検討
  腎臓内科との合同カンファレンス(泌尿器科カンファレンス終了後)
   腎不全患者の症例検討
 水曜日
  抄読会 AM 8:00 ~ 8:30(英語論文)

LS(方略3) 学会発表・臨床研究
  泌尿器科関連の学会に積極的に参加、発表し、最新の知識を習得する。

④EV (評価) 研修開始1カ月目に中間評価、終了時に最終評価をおこなう。
A:十分できる、B:できる、C:不十分、NA:判定不能


医学生・研修医の方

平成31年度採用 初期臨床研修医募集要項
初期臨床研修 概容・見学会のご案内
初期臨床研修 研修環境
後期研修プログラム
新専門医プログラム
初期研修医・後期研修医ブログ
FACEBOOK
教育センター