脳神経外科

脳神経外科

脳神経外科後期研修計画

基本コンセプト:
豊富な症例と高度な技術を持った指導医のもとで、幅広い脳外科の分野を網羅し専門医となるための土台を作り上げるプログラム。
 
目標資格:
脳外科専門医
 
一般目標:
後期研修では将来sub specialistとしての技能を身につけるための基本的技術と知識のトレーニングを行う。
ことに脳神経外科救急疾患に対して正確な診断および誤った処置を行わないことに重点をおく。
 
行動目標:
1. 脳神経外科入院患者についてPOS方式にのっとり、カルテを正しく記載することができる。
2. 意識障害の患者を正確に評価し、意識障害の程度をJCSならびにGCSにて表現できる。
3. 神経学的診断法を修得し、神経局在診断がおおむねできる。
4. 神経画像診断法を理解し、その臨床的有用性にあわせて検査計画を立てられる。
5. 頭部CT、MRI、SPECT、脳血管造影などの神経画像診断法を用いて、典型的な病的状態を正確に診断できる。
6. 脳神経外科入院患者のvital signsより病態の把握と適切な処置ができる。
7. 各種モニター(EEG、ABR、SEP、ICPなど)の取扱とその臨床的有用性について理解している。
8. 救急脳神経外科疾患患者(外傷、脳血管障害など)の病態を正確に判断し、輸液管理ならびに呼吸循環管理などの適切な処置が可能である。

医学生・研修医の方

平成30年度採用 初期臨床研修医募集要項
初期臨床研修 概容・見学会のご案内
初期臨床研修 研修環境
後期研修プログラム
新専門医プログラム
初期研修医・後期研修医ブログ
FACEBOOK
教育センター