産婦人科

産婦人科

産婦人科後期研修計画

基本コンセプト:
産婦人科専門医コースは、産婦人科専門医取得のための産婦人科医としての総合的技量の修得を目的として以下の目標を達成するためのコースとする。
 
目標資格:
産婦人科認定医

産婦人科全般

一般目標:
女性総合診療としての産婦人科の役割を認識し、女性特有の疾患についての理解を深め、総合的な女性診療を行う態度と技術を身につける。一般産婦人科医としての診察、診断、および治療のプロセスを修得し、必要に応じて専門医への橋渡しが出来ることを目標とする。
 
行動目標:    
1. 患者に面接・問診し、診断に必要な情報聴取と記録ができる。
2. 一般的な内科的診察及び産婦人科的診察(内診および腟鏡診)行い、その結果を解釈できる。
3. 診療、診察全般にわたって女性に対する心理的および精神的配慮ができる。
4. 産婦人科の一般的エコー検査(腹部エコーおよび経腟エコー)ができる。
5. 子宮頸癌検診(子宮腟部細胞診)が適切にでき、その結果を患者に説明できる。
6. 乳がん検診(触診)ができ、自己検診の指導ができる。
7. 頻度の高い産婦人科的主訴(不整性器出血、月経異常、下腹痛、帯下異常など)の鑑別診断ができる。

産科領域

一般目標:
ローリスク妊娠の妊娠、分娩、産褥に関連した患者を診察し、正常分娩の管理ができる。妊娠のリスク判断を行いハイリスク妊娠を抽出し、専門医に委ねる必要性および時期を判断できるとともに、それまでの応急処置をおこなう技術を身につける。
 
行動目標:
[1] ローリスク妊娠の管理
1. 産科に関連した情報聴取が適切にできる。
2. 産科一般診察(外診、産科的計測、および内診)を行い、その結果を解釈できる。
3. 正常妊娠における母体の各臓器系における生理的変化を理解し、各種検査の妊娠中の正常範囲を知る。
4. 妊娠中のマイナートラブル(悪阻、に対応できる。)
5. 胎児エコー検査を行いその結果を解釈できる。
6. 妊娠のリスクを把握しローリスク妊娠かハイリスク妊娠かの判断ができる。
7. ローリスク妊娠の外来妊婦検診ができる。
8. ローリスク妊娠の妊娠中の妊婦指導ができる。
9. ハイリスク妊娠は適切な時期に産科専門医に紹介できる。
10. 正常分娩の進行を把握し、その分娩管理ができる。
11. 正常分娩の介助ができる。
12. 分娩時の胎児モニターの判読ができる。
13. 会陰切開の適応の判断ができ、適切な切開と会陰保護ができる。
14. 2度までの会陰裂傷の縫合ができる。
15. 分娩直後の新生児の処置ができる。
16. 帝王切開の適応を適切に判定できる。
17. 機械的ならびに薬物的分娩誘発ができる。
18. 正常産褥婦の管理ができる。
19. 妊産婦・褥婦の投薬のリスクと安全性を理解し一般的な投薬治療ができる。
20. 産科領域の薬物療法の特殊性、安全性とリスクを理解し投薬治療ができる。
 
[2] 産科救急の対応
1. 胎児モニター異常時の一次対応(胎内蘇生)ができる。
2. 吸引分娩の適応を理解し実施できる。
3. 分娩時出血に対する一次処置ができる。
4. 緊急母体搬送を受ける際に、搬送元から必要な情報の聴取ができる。
5. 産科救急患者または家族に面接し、診断に必要な情報を聴取し、記録できる。
6. 緊急母体搬送の受入れ時の処置ができる。
 
[3] ハイリスク妊娠の管理
1.
指導医の指導のもと以下の産科的ハイリスク妊娠の診断、妊娠管理、分娩管理ができる。
重症悪阻、早産関連疾患(切迫早産、早産期前期破水)、多胎妊娠、妊娠高血圧症候群、血液型不適合妊娠など
2.
以下のハイリスク胎児の診断と管理ができる。
子宮内胎児発育制限、胎児機能不全、巨大児、羊水量異常など
3. 出血性産科疾患(前置胎盤、常位胎盤早期剥離、弛緩出血)の診断と一次対応ができる。
4. 内科的合併症妊娠について、妊娠が内科疾患へ及ぼす影響と内科疾患が妊娠に対して及ぼす影響を理解する。
5. 指導医の指導のもと以下の内科的合併症の管理ができる。
6. 貧血、糖尿病・妊娠糖尿病、慢性高血圧、甲状腺機能異常、慢性腎炎、喘息など産科DICの診断と一次対応ができる。
7. ハイリスク妊婦本人と家族の不安や葛藤などを理解し、精神的・心理的な援助ができる。
8. ハイリスク褥婦の産褥管理ができる。
 
[4] 産科領域の外科的手技
1.
以下の産科的外科手技ができる。
妊娠後期の羊水穿刺、会陰切開・縫合術、吸引分娩など
2.
以下の産科手術を指導医の指導のもとで執刀できる。
帝王切開術、子宮頸管縫縮術(シロッカー術、マクドナルド術)、人工妊娠中絶術など
3. 産科手術の術後管理ができる。

婦人科領域

一般目標:
頻度の高い婦人科疾患について、鑑別疾患を想定しながら系統的診断と治療方針の決定までのプロセスを理解できる。
 
行動目標:
1. 骨盤内腫瘤性病変(子宮筋腫、卵巣腫瘍)の鑑別診断ができる。
2. 婦人科急性腹症の鑑別診断ができる。
3. 性器出血の応急処置ができる。
4. 婦人科画像診断(エコー、CT、MRI)の特徴を理解し、その所見を記載ができる。
5. 婦人科悪性腫瘍(子宮頸癌、子宮体癌、悪性卵巣腫瘍)の診断のプロセスと治療方針を理解できる。
6. 婦人科悪性腫瘍に対する手術療法、放射線治療、および化学療法の集学的治療の意義と適応について理解できる。
7. 婦人科腹腔鏡手術の原理と適応を理解し手術助手ができる。
8. 婦人科悪性腫瘍患者の心理的・精神的側面を理解しその援助ができる。
9. 指導医の指導のもとで以下の婦人科外科手技と手術の執刀ができる。
10.子宮内膜生検および内膜掻爬術、子宮頸部円錐切除術、附属器摘出術、開腹的子宮外妊娠
手術、複式単純子宮全摘術、腟式子宮全摘術など
11. 主要な婦人科手術の術後管理ができる。
12. 不妊症の鑑別診断のプロセスを理解する。
13. 婦人科ホルモン療法の適応と原則を理解する。

医学生・研修医の方

平成30年度採用 初期臨床研修医募集要項
初期臨床研修 概容・見学会のご案内
初期臨床研修 研修環境
後期研修プログラム
新専門医プログラム
初期研修医・後期研修医ブログ
FACEBOOK
教育センター