心臓血管外科

心臓血管外科

基本コンセプト:
心臓血管外科のスペシャリストをめざすためのプログラム。
 
目標資格:
外科専門医、心臓血管外科専門医
 
一般目標:
心疾患、血管疾患の知識を養い、どのような疾患が外科手術の対象となり、どのような手術法があるのかを理解したうえで、術前の診断・管理、術中・術後の管理、退院後の管理が総合的にできる心臓血管外科医を目指す。
また研修を通して、医師としての倫理感を養い、医療安全管理にも積極的に関わる姿勢を身につける。
 
行動目標:
1. 開心術手術の手順を述べることができる。
2. 胸部大血管手術の手順を述べることができる。
3. 腹部大血管手術の手順を述べることができる。
4. 末梢動脈手術の手順を述べることができる。
5. 末梢静脈手術の手順を述べることができる。
6. 開心術の術前の問題点の抽出と手術術式に関して述べることができる。
7. 先天性心疾患の解剖と血行動態を理解し、治療方針に関して述べることができる。
8. 胸部大血管症例の画像診断ができ、手術適応など治療方針に関して述べることができる。
9. 心臓カテーテル検査において虚血部位の診断、治療方針について述べることができる。
10. 弁膜症の血行動態を理解し、治療方針に関して述べることができる。
11. 人工呼吸器を理解し、人工呼吸器からの離脱に関して実施することができる。
12. 各症例の術後の問題点を抽出でき、治療方針に関して述べることができる。
13. 各症例の退院後の管理に関して問題点を抽出でき、治療方針に関して述べることができる。
14. 重症監視モニターに関して異常所見を指摘できる。
15. PCPSやIABPなどの補助循環機器の操作手順とその適応に関して述べることができる。
16. 循環作動薬の作用機序と適応に関して述べることができる。
17. 抗凝固療法などの特殊な治療方法に関して述べることができる。
18. 患者さんの精神的ケアに関して自分の意見を述べることができる。

研修計画


医学生・研修医の方

平成31年度採用 初期臨床研修医募集要項
初期臨床研修 概容・見学会のご案内
初期臨床研修 研修環境
後期研修プログラム
新専門医プログラム
初期研修医・後期研修医ブログ
FACEBOOK
教育センター