麻酔科

麻酔科

麻酔科後期研修計画

基本コンセプト:
各種合併症を有する患者が侵襲に晒された場合の生体反応、およびその生体反応が及ぼす結果を考慮し、侵襲をいかに最低限に抑制するか、生体反応の中で不利益なものをいかに抑制するかを研修する。
4年目麻酔科標榜医、麻酔科学会認定医取得。
麻酔科専門医・麻酔科指導医となるための臨床的基礎事項と臨床研究手法を習得する。
 
目標資格:
麻酔科標榜医、麻酔科認定医
 
一般目標:
循環・呼吸・代謝の機能と生理と機能維持法を理解し、急性期患者管理のための知識および技術を修得する。
 
行動目標:
1. 麻酔科医の麻酔科関連領域における役割について理解する。
2. 術前状態を把握し、最も適した麻酔方法の選択ができる。
3. 手術患者・家族に適切なインフォームドコンセントを行うことができる。
4. 他科からのコンサルトに適切に対応ができる。
5. 手術室での全身麻酔、硬膜外麻酔、脊椎くも膜下麻酔、各種の末梢神経ブロックが確実にできる能力を身につける。
6. 緊急事態が起きた場合の対処ができる。
7. 術後鎮痛法の基本原則や方法について理解する。
8. 重症患者管理について理解する。
9. プライマリケアについて理解する。
10. 重症救急患者管理について理解する。
11. WHOの癌性疼痛治療方針について理解する。
12. 癌性疼痛管理について理解する。
13. 術後痛を含め急性疼痛管理について理解する。
14. 手術室を円滑に運営できる。
15. 医療事故予防対策を立案し実行できる。
16. 麻酔科関連領域におけるパラメディカル役割を認識し協力して医療を行う。
17. 麻酔科関連学会にて症例報告または研究結果を発表する 。

研修計画


医学生・研修医の方

平成30年度採用 初期臨床研修医募集要項
初期臨床研修 概容・見学会のご案内
初期臨床研修 研修環境
後期研修プログラム
新専門医プログラム
初期研修医・後期研修医ブログ
FACEBOOK
教育センター