小児科

小児科

小児科後期研修計画

基本コンセプト:
将来小児科を目指す人のために、総合的な臨床能力を身につけることをめざしたプログラムである。
 
目標資格:
小児科専門医
 
一般目標:
小児の健康を守るために小児科領の一般的疾患の診断、治療ができ、特殊な疾患についてはこれを診断して適切な紹介ができるようになる。また、小児科専門医を取得する。
 
行動目標:     
1. 乳幼児の疾病の主な症状の鑑別診断について述べることができ、適切な処置をおこなうことができる。
2. 小児の感染症を適切に診断し処置することができる。
3. 小児の循環器系疾患の基本的な処置ができる。
4. 心臓カテーテル検査の目的、方法について述べる事ができる。
5. 小児の主な血液疾患、悪性腫瘍の診断ができ適切な紹介ができる。
6. 小児の腎疾患の基本的な処置ができる。
7. 小児のけいれんの基本的な処置ができる。
8. てんかんを診断し適切な初期治療ができる。
9. 小児の輸液管理ができる。
10. 呼吸不全における病態把握、呼吸管理が適切にできる。
11. 未熟児、新生児の疾患を理解し管理する事ができる。
また、家族とのコミュニケーションを十分にとることができる。
12. 乳幼児の発育、発達の異常を診断し、適切な指導ができる。
13. 小児の予防接種の正しい実施法について述べることができる。
14. 経験症例をまとめ学会で発表する事ができる。

研修計画


医学生・研修医の方

平成31年度採用 初期臨床研修医募集要項
初期臨床研修 概容・見学会のご案内
初期臨床研修 研修環境
後期研修プログラム
新専門医プログラム
初期研修医・後期研修医ブログ
FACEBOOK
教育センター