海外旅行外来

海外旅行外来

概要

長崎医療センター 国際医療協力室では、海外旅行ないし海外長期滞在をされる方の健康管理のために海外旅行専門外来を開設しています。

主な業務は以下の4つです。(原則として15歳以上の方を対象)

  1. 旅行に関する健康相談
  2. 予防接種
  3. 英文診断書の発行
  4. マラリア予防薬の処方

毎週金曜日 14:00~16:00の完全予約制です。

ご予約は、当院医事課でお受けいたしております。

長崎医療センター 医事外来係  TEL:0957-52-3121 (内線:2231)


  • 予防接種をご希望の方へ

    ワクチンによっては入荷に時間がかかるものや、予防接種が完了するのに数ヶ月を要するものもありますので、十分にゆとりを持ってご予約いただきますようお願いいたします。

  • 英文診断書の発行をご希望の方へ

    持病がある方は、海外での急変に備えて英文の診断書を用意されておくことをおすすめします。かかりつけの先生(主治医)に疾病の重症度や個別の問題点などについての情報を書いてもらったものを当院にご持参ください。英訳に1週間ほどお時間をいただきます。

  • 海外から帰国された方へ

    病気には、潜伏期があり、感染してもすぐには発病しません。熱帯を中心として海外には潜伏期間の長い疾患が数多くあります。海外旅行から戻った後2ヶ月程度は、体調に異常があれば早めに医療機関を受診し、海外へ行って来たことを必ず医師に告げた上で相談をしてください。


旅行前・中・後の注意や、国別感染症情報など前もって確認しておきましょう。

厚生労働省検疫所 海外感染症情報

【新型インフルエンザ流行地への渡航を検討されている方へ】

新型インフルエンザの最新情報、海外渡航の危険情報については下記のページをご参照ください。

厚生労働省  外務省  長崎県


スタッフ紹介

担当医:大野 直義【所属学会・資格】日本内科学会(認定医)、日本総合診療医学会、日本感染症学会、日本救急医学会

料金

旅行外来は保険診療適応外です。自費による自由診療となることをあらかじめご承知ください。

  • ※下記金額は全て消費税込みの額です。
  • 健康相談 診察料:2,916円
  • 予防接種 A型肝炎、B型肝炎、破傷風、日本脳炎、狂犬病について行います。
    (H23.4.1一部改定)
    A型肝炎6,480円×3回
    2~4週間隔で2回接種、その6ヵ月後に1回追加接種。
    有効期限は少なくとも4~5年
    B型肝炎3,888円×3回
    2~4週間隔で2回接種、その後6ヵ月後に1回追加接種。
    反応を認めた場合の有効期限は少なくとも15年
    破傷風1,620円×3回
    基礎免役がある場合は一回接種。ない場合は2~3回接種で10年有効
    狂犬病11,448円×3回
    最低2回接種(0,1ヶ月)で6ヶ月有効、6ヶ月後追加接種で1年有効
    日本脳炎4,644円×1回または3回
    基礎免役がある場合は1回接種。ない場合は2~3回接種で4~5年有効
  • マラリア予防薬(メファキン)処方 6錠あたり6,048円
    一週間に1錠服用。
    流行地に入る1週間前から帰国後4週間まで服用の必要があります。
  • 英文診断書発行料 1通:5,400円

患者さんへ

外来受診される方
入院のご案内
医療相談支援センター
患者サポート室
赤ちゃんにやさしい病院(母乳のお話)
がんサロン「語らん場」
診療看護師「JNP」
教室・講習会のご案内
検体提供のお願い
治験参加のご案内
教育・研究へのご協力お願い
手術治療を受けられた患者さんの情報登録について
研究に関する患者さんへのお知らせ
宗教上の理由で輸血拒否される方へ
バリアフリー情報