医療相談支援センター

医療相談支援センター

医療相談支援センターのご紹介

高度化、複雑化する医療(医療制度も含め)の中、昔も今も変わらないのは『病める患者さんが主役である』ということです。

このような環境の中、患者さん(ご家族も含め)が治療に専念できる環境をいかに整えるかということは、治療を受ける側はもちろん、行う側にとっても、重要なことです。

この環境整備のため、院内に『医療相談支援センター』を設置しております。

具体的には、目的別に(1)地域医療連携室、(2)患者サポート室、(3)予約入院支援センターの3部署を設置し活動しています。


1. 地域医療連携室
当院は、長崎県で初めて指定された地域医療指定病院として、高度な医療を提供するために、診療所や病院と連携した医療を進めています。地域医療連携室は、そうした医療機関からの患者さんの紹介窓口として、診療予約業務を行なっています。
当院で受診される際は、“かかりつけの先生(ホームドクター)”から地域医療連携室を通して紹介して頂くことで受診予約が可能です。
当院に紹介される患者さんの95%以上は、地域医療連携室を介した予約で受診されています。 また、当院での検査や治療を終えた患者さんの退院・転院支援も連携室の役割です。“かかりつけの先生”との医療連携をより一層円滑にし、患者さんのお役に立ちたいと努めています。

2. 患者サポート室
文字通り、患者さんたちが治療に専念できる環境整備がを主な役割です。
実際には、医療に伴う経済的な問題(医療費や保険、公的補助などについて)、医療行為自体への問題(医療行為に対する疑問や不満など)などにおける患者さんあるいはご家族への支援です。
医療行為において生じる種々の問題(患者さんやご家族から寄せられる)に対応し、安心して治療に専念できるよう支援することを主な目的として活動しています。

3 予約入院支援センター
入院が必要となった患者さんが、安心して円滑に入院できることを目的に設置されています。現在はまだ限定的な運用ですが、今後はさらに対象患者さんを拡大していく予定です。


『病気になった』という状況の中、問題は常にしかも数多く発生しますが、迅速に解決し、患者さん、ご家族、医療スタッフが治療に専念できる環境整備に今後とも努力して参ります。

気楽にご利用いただき、『病気との闘いに専念していただければ』と思っております。
ご理解とご協力、何卒よろしくお願い申し上げます。

医療相談支援センター長  吉田 真一郎


業務内容

 (1)患者サポート室(2)予約入院支援センター(3)地域連携室
対象患者および家族入院予定の患者およびその家族医療・保健・福祉機関
担当MSW、看護師、専門職、医療安全係長、関連医師看護師、薬剤師看護師、MSW、事務職員
業務受診・治療に伴う心配事に関する相談
情報提供
苦情等への対応
医療安全相談
長崎医療センター医療安全管理規程
入院前~退院までのオリエンテーション診療・検査予約
あじさいネット登録
医療機関への報告
他院の診療予約
セカンドオピニオン外来予約
退院支援(転院・在宅療養)
医療機関訪問

案内図

多くの患者さんや診療所の先生方の様々なご要望にお応えできるよう努力していきたいと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。


患者さんへ

外来受診される方
入院のご案内
医療相談支援センター
患者サポート室
赤ちゃんにやさしい病院(母乳のお話)
患者図書室「あかね」
がんサロン「語らん場」
診療看護師「JNP」
教室・講習会のご案内
検体提供のお願い
治験参加のご案内
教育・研究へのご協力お願い
研究に関する患者さんへのお知らせ
宗教上の理由で輸血拒否される方へ
バリアフリー情報

受付・診療時間

電話番号

0957-52-3121

19時~8時30分の間はこちら

0957-52-3124

急患は24時間受付

受付時間

8時30分~11時30分

休診日

土・日曜日・祝日・年末年始

交通アクセス