長崎医療センター事業継続計画(BCP)

長崎医療センター事業継続計画(BCP)

国立病院機構長崎医療センター事業継続計画(BCP)


1.はじめに
長崎医療センター(以下「NMC」という。)は、長崎県災害拠点病院に於いては基幹災害医療センター、国立病院機構に於いてはNHO災害ブロック拠点病院であり、災害医療に関して長崎県及び九州の中心的な役割を果たす必要がある。

2.目的・基本方針
NMCは、大規模な地震・津波等自然災害または、それに類する事態が発生した場合でも、病院機能を可能な限り維持し、または早期に復旧し、病院内の全職員が協力して、初動、急性期から復興期に至るまで切れ目無く災害医療活動を継続することにより、人命を救助し、地域社会の早期復興に貢献するため、
国立病院機構長崎医療センター事業継続計画(BCP)(以下「NMC-BCP」という。)を策定する。

3.NMC-BCPの基本
NMCは、大規模災害時においてもその社会的使命を果たすため、NMC-BCPの策定にあたり以下のとおり基本方針を定める。

 
(1)他の医療機関等との協力体制に基づき、状況に応じた最善の方法を柔軟に選択し、
         一人でも多くの人命を救助する。

(2)病院機能が可能な限り維持できるよう施設・設備等への事前の対策を強化するとともに、
         災害時には、患者や職員の安否確認を行うと同時に、施設・設備等の被災状況を確認し、
         病院機能の維持継続または早期復旧に最善を尽くす。

(3)災害拠点病院としての役割を鑑み、災害時の初動対応から復旧・復興期にわたり、
         地域社会の「芯柱」となっての復興への貢献を果たす。


当センターについて

当センターご紹介
学会認定について