院長挨拶

院長挨拶

  • 院長

 長崎医療センターは長崎県の中央に位置する大村市の小高い丘にある643ベッドを有する高度総合医療施設です。2001年に国立長崎中央病院から長崎医療センターへ改称し、2004年には独立行政法人化に伴い国立病院機構の病院として地域医療を担ってきています。


 当院の使命は地域医療への貢献、医師や看護師などの医療者の育成、臨床研究の推進ならびに国際医療協力と考えております。この使命を果たすべく千名を超える職員が一丸となって頑張っています。


 地域医療では救急とがん診療に特に力をいれていきます。救急医療に関しては、昭和54年に県下初の救命救急センターが設置され、平成18年12月からはドクターヘリの基地病院としても対応を行っています。また、がん診療に関しては、平成26年10月に「県央がんセンター」を開設し、地域がん診療連携拠点病院としての体制を強化したところです。これらのハードに加えて、地域の救急の最後の砦であるという気概を職員一同が持ち続けて、地域住民ならびに地元医療機関の信頼に応えるべくさらに努力をしてまいりたいと思います。


 またこれからの医療におけるITの導入を見据えて電子カルテの早期導入、さらには地域医療連携の推進のためのツールであるネットワークシステムの先駆けともいえる「あじさいネット」を整備してまいりました。これら医療のIT化が当院の医療の充実だけではなく地域社会の医療、介護、福祉を支えていくものと確信しております。


 医療人の育成に関しては、昭和46年から臨床研修医の教育に尽力してきたところですが、近年は医師以外の多くの職種の教育にも携わっています。当院で育った医療人が今後地域医療の一員として羽ばたき、皆様のお役に立ってくれるものと期待しております。


 長崎医療センターは地域の拠点病院として地域の方々や医療機関の期待に応えることができるように職員一同努力を続けてまいります。


独立行政法人国立病院機構 長崎医療センター

院長  江﨑 宏典


当センターについて

当センターご紹介
学会認定について

受付・診療時間

電話番号

0957-52-3121

19時~8時30分の間はこちら

0957-52-3124

急患は24時間受付

受付時間

8時30分~11時30分

休診日

土・日曜日・祝日・年末年始

交通アクセス