心臓血管外科

心臓血管外科

国立病院機構長崎医療センター心臓血管外科は、病院のある大村市を含めた県央地区を中心に長崎県全体の基幹病院として中心的な役割を果たしています。ドクターへリを含めた緊急搬送により、重症な症例が増加しております。そのためここ数年は術後の早期離床などリハビリテーションを重視してきました。平成22年2月よりほぼl年をかけて準備を進めてきた心臓リハビリテーションも平成23年l月より本格的に開始となり(資料1)その件数も年々増加しております。術後早期からのリハビリ導入は平均在院日数の短縮のみならず、本来の目的である予後の改善に大きく寄与しております。今後も重症度とともに緊急性の高い症例の増加が予想されますが3次病院としての役割を果たしていきたいと考えておりますし、患者さんのニーズにあわせた管理を心がけていきたいと考えています。


心臓血管外科の外来診療担当


診療科紹介

  (病院広報誌SENSAI より抜粋)


診療部門の紹介

診療科
診療支援部門
高度専門医療
医療チーム
最新医療紹介
病院指標