地域連携パス部門

地域連携パス部門

地域医療連携パス部門のご案内


がん地域連携パスとは?

かかりつけ医とがん診療連携拠点病院(当院)医師が、共同で診療するために、「地域連携診療計画書」に基づき、退院後の治療・検査を役割分担して行う診療体制をがん地域連携パスと言います。がん治療を目的とした初回入院後、退院してからの診療計画であり、がん腫や病期等によって異なります。

この計画書を小冊子にまとめたものが「地域連携手帳」(上図)になります。


がん地域連携パスのイメージ図


対象となる方

下表に該当する方で、がんの告知を受け、初回治療の方に限ります。

乳がん

術後ホルモン療法

診療計画書

胃がん

術後経過観察(進行病期stageⅠ、ESD・EMRは除く)

診療計画書

術後経過観察(進行病期stageⅡ~Ⅲ、補助化学療法なし)

診療計画書

術後補助化学療法(進行病期stageⅡ~Ⅲ)

診療計画書

大腸がん

術後経過観察、補助化学療法

診療計画書

肺がん

術後経過観察

診療計画書

術後補助化学療法

診療計画書

肝がん

初回治療後、化学療法なし

診療計画書

膵がん

術後経過観察

診療計画書

前立腺がん

術後経過観察

診療計画書

ホルモン療法

診療計画書

放射線療法後

診療計画書


がん地域連携パスを用いることによって、退院後の診察・検査の予定がわかります。
また、かかりつけ医と当院医師とが連携し2人の医師が診ていくことになりますので、
ダブルチェックにもなります。


実績/連携患者数(人)

 

乳がん

肺がん

肝がん

胃がん

大腸がん

膵がん

前立腺

がん

2013年度

24

11

1

2

0

0

0

2014年度

21

5

0

20

3

0

0

2015年度

29

14

0

11

6

0

0









診療部門の紹介

診療科
診療支援部門
高度専門医療
医療チーム
最新医療紹介
病院指標

受付・診療時間

電話番号

0957-52-3121

19時~8時30分の間はこちら

0957-52-3124

急患は24時間受付

受付時間

8時30分~11時30分

休診日

土・日曜日・祝日・年末年始

交通アクセス